合宿免許のプライバシーについて

合宿免許に参加する場合、2週間近く合宿所に滞在します。教習所によって宿泊施設は異なりますが、どこの合宿所になるかは事前に確認できます。合宿免許に参加する場合、1人でも参加できますし、友達同士やサークルの仲間と団体での参加も可能です。ただし教習所によって、宿泊施設が異なるため、大人数になる場合は大人数を収容できるスペースがあるかどうか確認しておきましょう。

個人で参加する場合、教習は1人で受けますので友達同士やグループで参加しても皆同じです。合宿免許では、短期間で集中的に教習を受けます。週末には休日をはさみますが、平日は拘束時間も長くなりスケジュールはかなりタイトになります。教習が終わると自由時間ですが、自由時間を1人で過ごしたい場合は、個室がある宿泊施設かどうかを確認しておきましょう。

中には大部屋に数人がスペースを共有するということもあります。大部屋でもベッドはカーテンなどで仕切られていますので、多少プライバシーは保てます。しかし部屋自体は同じなので、物音や話し声は聞こえてしまいます。人が立てる物音があると眠れないという場合は、個室を選べるプランがおすすめです。

合宿免許は教習所に通うよりも短期間で卒業することができます。その分費用も安く抑えられますが、合宿中は知らない人と一緒に宿泊施設を利用するので、自分だけの空間を確保したい人や、人とコミュニケーションをとるのが苦手な人は個室があるプランを選びましょう。